本州最南端の町で海釣り♪釣り初心者でも楽しめる!串本港での海釣りと魚を紹介

本州の中でも一番南に位置している串本町。海に面したこの町は栄養豊富な黒潮が打ち寄せているので、沢山の豊かな海の幸に溢れています。そのため釣りスポットとしても有名で、さまざまな釣り大会も開催されています。

今回はそんな串本で、初心者でも気軽に楽しめる釣りスポットと、そこで釣れる代表的なお魚の種類をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

釣り具って用意しないといけないの?

釣り子供

釣りをするには当然道具が必要ですが、最初から全て揃えるのは少し大変ですよね。串本町にはいくつか釣り具をレンタルできるショップがあります。アクティビティとして申し込めば釣りセットが含まれているものが多いので、初めて釣りに行く方にはそちらのご利用もおすすめです。

一般的に釣り具とは「タックル」と呼ばれていて、釣り竿とリール、糸と針は最低限必要なものです。狙う獲物によって種類が変わるので、もし購入される際は、お店の方と釣りの内容を相談して、初心者でも扱いやすいものを購入しましょう。

また、それとは別でタオルや滑りにくい靴、ハサミ、水汲み用のバケツ、魚を持って帰りたい場合はクーラーボックス等を用意しておくと便利です。季節にもよりますが、冬の海はとても寒いので普段より暖かい恰好をしていくことをおすすめします。


思い立ったら気軽にいける!串本港で釣りを楽しもう!

串本港

串本港は初心者でも魚が釣れやすく、朝から晩まで釣りを楽しめると人気の釣りスポットです。

近くの養殖生簀で魚に餌をあげているので、そこから漏れた餌を求めて沢山の魚が集まってきます。沖に出るのと同じくらいの大物が期待できることもうれしいところ。

足場がしっかりとしている場所が多いので、初心者の方だけでなく船酔いが心配な方やお子様連れの方でも安心してお楽しみいただけます。

そして、非常に大きな港なので車を近くに止めることが出来、寒くなったら防寒具を取りに行ったり、荷物を取りに行けるのでとても便利です。港の中にお手洗いもあるで、安心して長時間の釣りを楽しむことが出来ます。

(※駐車は漁協の方の作業の邪魔にならない場所を選びましょう。作業員の方から指示があった場合は必ず従ってください。)


初心者でもおすすめの串本港の釣りポイントをご紹介!

釣り上げたアジ

新桟橋でアジやキスを狙おう♪

串本港は漁協前とその対岸にある新桟橋のポイントが比較的初心者の方におすすめです。新桟橋の沖側には防風柵があるので、風に吹かれて道具が飛ぶ心配もなく、足場もしっかりしており、スペースも確保できるので、非常に準備もしやすいです。

新桟橋ではアジやキスがよく釣れます。アジは水面の方に多く、寄せ餌のコマセを、仕掛けのカゴに詰めて釣る『サビキ釣り』で簡単に釣ることができます。このサビキ釣りは足元に仕掛けを入れるだけという簡単さに加え、時にはたくさんのアジが釣れることもあるので、子供から大人まで夢中で楽しめます。

釣ったアジは小振りでも南蛮漬けやなめろうにしたり、大きいものはお刺身にしても楽しめます。どんな魚でもそうですが、やっぱりとれたて新鮮な時に食べるお刺身は格別です!

刺身

また、串本港でキスを狙う際は、エサをつけて投げ釣りをすることが多いですが、初心者の方は、仕掛けを数メートルの距離に投げて釣る「チョイ投げ釣り」でも釣ることができます。またエサも生き餌のほかに、疑似餌を使って釣る方法もあります。

キスは、キス天として食べるのが定番ですが、新鮮なキスを塩焼きにしたり、皮をバナーで炙って炙り刺しにして召し上がってみるのもおすすめ。皮と身の間にしっかりと詰まった旨味が感じられますよ。

アジやキスなどの小魚は「氷締め」で簡単に持ち帰ることが出来ます。やり方は簡単で、釣り場に着いたら、まずはクーラーボックスにたっぷりの氷と海水を入れて、釣れた魚をボックスに入れておきます。釣りが終わったら、クーラーボックスの水抜き栓を開けて水を抜き、釣れた魚をビニール袋にまとめたら、氷中に沈めてクーラーボックスの蓋と水抜き栓を閉めて持ち帰ります。

沖に面した波止やテトラポットで、和歌山発祥の釣り法で「チヌ(クロダイ)」を狙おう!

クロダイ

「チヌ」とはクロダイのことで、その強いヒキから釣りファンに人気の魚です。地元の釣りファンのなかには、このチヌだけを狙っていて、それ以外が釣れたらすべてリリースしてしまう方もいるくらいなんです。

こちらは、沖に面した赤灯波止や尾の浦波止、その近くのテトラポットで狙うことが出来ます。このポイントでは海までの距離が遠いので6~7mくらいの長めのタモ(魚をすくう網)があると便利です。

このチヌを狙う釣法が「ダンゴ釣り」。紀州(和歌山)発祥の釣り方で、「紀州釣り」とも呼ばれています。エサの団子は、ぬかやオキアミで作られたもので、団子が海底で割れて撒き餌にもなるという便利な仕掛けなのです。団子のエサは近くのレンタルショップや釣り屋さんでも売っているのでエサ作りがわからなくても安心です。

そんなチヌのおすすめの食べ方ですが、塩焼きやお刺身はもちろん、「鯛茶漬け」の鯛をチヌにかえた「チヌ茶漬け」が特におすすめ。作り方は簡単、甘辛いタレにつけたチヌを、炊きたてのご飯に乗せ、出汁をかけるだけで、とても美味しくいただけます。

夜釣りといえば…!1年中狙える!定番アオリイカ

アオリイカ

比較的串本港のどの場所でも釣れるのがアオリイカです。しかし年々漁獲量が落ちているのもあり、以前ほどは大きい個体や大漁になることは少ないですが、それでもまだまだ夜にアオリイカを釣りに訪れる釣り人は多いです。

昼間に釣れることも多いですが、漁港の光に寄って来る夜のほうが釣れやすいので狙うとしたら夜釣りになります。

比較的浅い場所にいることが多いイカの釣り方は少し特殊で、奇心旺盛なイカは、釣竿を上下に揺らすシャクリでアピールすると、ふわふわとよってきて釣れやすくなります。

釣れたアオリイカは、刺身にしたり焼いたりと幅広い方法で楽しめます。イカソーメンにしても醤油バターにしても美味しそうですね!新鮮なうちにつくる綿焼きや塩辛も絶品ですので、是非お試しください♪


他にもたくさん!串本で楽しめる釣りと魚

串本港ではそれ以外にもマダイやグレ、カマス、ブリなどが釣れ、港で楽しむ釣り以外でも、「カセ釣り」や「沖釣り」も楽しめます。

「カセ釣り」は、湾内に固定された小さな船から釣る方法で、足場も大きく安定していてトイレもあるので、初心者でも家族連れでも楽しめます。

また、「沖釣り」は、漁船に乗って沖まで行って楽しむ釣り方で、こちらは沖ならではの大物が!カツオやキハダマグロ、ブリなども釣れるかも!?

釣りと魚

初心者にはカセ釣りや沖釣りは少しハードルが…と思っている方でも、フィッシングショップが、船の手配から釣り方までサポートしてくれるのでご安心を。ちょっと本格的な釣りを楽しみたいという方は、是非予約してチャレンジしてみてくださいね。


釣りは、釣れる魚が季節によって変化するほか、釣り方も場所や狙う魚によってさまざま。だからこそオールシーズン楽しめるうえに、沢山の方が魅了されてしまうのだと思います。

初心者でも釣り方や釣れる魚もいろいろ楽しめるこの串本。是非魚が仕掛けに食いつくまでのドキドキ感と、釣り上げるまでの夢中に引き上げる一連のアクション、そして釣れた後の達成感、最後にお料理にしていただく幸福感まで、自然を感謝しながら目一杯満喫して楽しみましょう!

フィッシングショップの手配やおすすめの釣り場情報、釣った魚の食べ方や、持ち込みで美味しく料理してくれる料理店など質問などありましたら、是非お気軽にスタッフまでご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New