楽しめるのは夏だけじゃない!串本を満喫する冬のおすすめスポット

Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTO

串本といえば、夏のマリンスポーツアクティビティというイメージがあるかと思いますが、実は夏とは違った形で海と触れ合えるスポットが盛りだくさんなんです♪

今回はHotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOより、寒い時期でも楽しめる串本の観光スポットをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節でも海を体感!『串本海中公園』

串本海中公園

「串本海中公園」は、串本の海と水族館を丸ごと楽しめるレジャー施設♪海の中に生息する生き物を観察できる「海中展望台」や、サンゴや熱帯魚などの海の生物を間近で観察できる半潜水型海中観光船「ステラマリス」など、海とのふれあいを楽しめるアトラクションがいっぱい!

水族館では海の生き物の観察はもちろん、カメやマグロの餌やり体験が毎日開催されています。長さ約24mの水中トンネルでは、頭上を高速で通るクロマグロや大型のサメにスリルを感じることができます。レストラン「アクロポーラ」では、地元の名物料理や季節限定のお料理を楽しむことができますよ。


住所:和歌山県東牟婁郡串本町有田1157

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから串本海中公園まで、お車で約15分
公式サイト:串本海中公園 | 海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設


串本の絶景は冬でも見られる!『橋杭岩』

橋杭岩

「橋杭岩(はしぐいいわ)」は串本を代表する観光スポットです。規則的な並び方が橋の杭に似ていることから、この名前が付きました。串本から大島に向かって約850mの列を成し、大きいものと小さいものを合わせて約40もの岩が並んでいます。

その昔、弘法大師と天邪鬼が橋をかける賭けをし、一夜にして橋を立てたとの伝説も伝わっています。「道の駅くしもと橋杭岩」を訪れると、ベンチのついたテラスから正面に橋杭岩を眺めることができます。お土産や軽食を購入することもでき、人気商品は地元のポンカンを使用したソフトクリームだとか♪ここでしかみることの出来ない絶景を眺めながら、地元の食材に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。


住所:和歌山県東牟婁郡串本町くじの川

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから橋杭岩まで、お車で約5分
公式サイト:橋杭岩


歴史ある神社からパワーをもらおう!『熊野那智大社』

熊野那智大社

「熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)」は、熊野本宮大社・熊野速玉大社とともに熊野三山のうちの1社です。その歴史はなんと約2000年以上にも遡ります。

中でも熊野那智大社は、世界遺産でもある「那智の瀧」でも有名なスポット。那智の瀧そのものが御神体として祀られています。高さ約133m、幅約13m、滝壺の深さは約10m。流れ落ちる水の量は、毎秒約1トンと言われています。その水は延命長寿の水として伝えられており、実際に飲むことができます。

拝殿はもちろんのこと、宝物殿で熊野那智大社文書などの熊野信仰の歴史を知ることができる重要な資料を見ることができます。広い社殿を散策すれば、身体もポカポカ温かくなってきますよ♪


住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから熊野那智大社まで、お車で約50分
公式サイト:熊野那智大社 那智御瀧 飛瀧神社


冬の海にも映える美しい白い灯台『樫野埼灯台』

樫野埼灯台

「樫野崎灯台(かしのざきとうだい)」は、日本最古の石造り灯台です。横の建物は「樫野埼灯台旧官舎」。どちらもイギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計によって明治3年に建てられました。現在は自動点灯の無人灯台となっており内部は非公開ですが、螺旋階段を登って、辺りの美しい景観を楽しむことができます。

園地内には、常駐していたイギリス人技師が故郷を思いながら植えたとされる水仙が今も群生し、冬に可憐な花を咲かせます。真っ白で美しく、どこか懐かしさをたたえた灯台に是非足を運んでみましょう。


住所:和歌山県東牟婁郡串本町樫野埼1006番地1

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから樫野埼灯台まで、お車で約20分
公式サイト:樫野埼灯台; 南紀串本観光ガイド


マグロのしゃぶしゃぶで暖まろう♪『潮岬観光タワー』

潮岬観光タワー

この地の展望と味覚を一気に楽しむことのできるスポット「潮岬(しおのみさき)観光タワー」。タワーを登った展望台からは、丸く見える水平線と緑の大地が広がります。また、天候が良ければ世界遺産である「紀伊山地の霊場と参詣道」の那智山の山並みまで見渡すことができます。

お土産やさんでは、南紀特産の「太刀魚のみりん干し」など、ここでしか買えない商品が取り揃えられています。テイクアウトの「マグロバーガー」もおすすめの1品です♪レストランでは、「串本マグロしゃぶしゃぶ御膳」など贅沢にマグロを味わえるメニューも!寒い季節だからこそ、そのおいしさを堪能することができますよ。


住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706-26

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOから潮岬観光タワーまで、お車で約15分
公式サイト:本州最南端串本・潮岬観光タワーと太平洋を望む水平線


冬の串本を楽しめるスポットを5つご紹介しました。目で見て、味わって、触れ合って・・・ぜひさまざまななかたちで串本を楽しんでくださいね。

夏はもちろん、冬もリゾートを満喫できる串本へお越しください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New