関門の名物ふぐ!ふぐ食の歴史や、おいしい食べ方を紹介

Active Resorts 福岡八幡

ふぐは一般的に山口県下関市が名産と言われていますが、福岡・門司港エリアでもふぐを提供する旅館や料亭が多いと言われています。大きなお皿に盛り付けられた薄切りのふぐ、一度は食べてみたいですよね。

そこで今回のダイワリゾートマガジンでは、ふぐの歴史や料理店、おいしい食べ方などを一挙ご紹介!ふぐ好きもビギナーも、新たな発見が見つかること間違いなしですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と昔から食べられていた!?ふぐの歴史は縄文時代から

ふぐ

ふぐ食の歴史は、とてつもなく古いことをご存知でしょうか?山海経(せんがいきょう)、すなわち約2300年前の中国の地理書には、「ふぐを食べると死ぬ」と記されています。つまり当時食べたことがある人がいるということですね。

さらに日本国内では、縄文時代のふぐの歯骨が貝塚から発見されました。また、豊臣秀吉の時代は、武士たちのフグ中毒死がきっかけとなり、「河豚食禁止の令」が発令されます。そこから時代は流れ明治時代、下関の料亭で伊藤博文がふぐを食べ、そのおいしさに感動し、下関と福岡に限ってふぐ食を解禁したと言われています。そこからどんどんふぐ料理は発展し、日本を中心に愛される食材となりました。

ただ明治時代以前もふぐは食べられており、小林一茶や松尾芭蕉なども、ふぐを季語にした俳句を残しています。

・「五十にて 河豚の味を 知る夜かな(50歳にしてふぐを食べた。こんなにおいしいものだったのかと気づかされた夜である。)」(小林一茶)

・「河豚汁や 鯛もあるのに 無分別(鯛もあるのにわざわざ危ないふぐを食べるなんて、なんと浅はかなことか)」(松尾芭蕉)

この俳句からも、当時の人々が命の危険を冒してでもふぐを食べたい、と思っていたということがわかりますね。


ふぐ料理と言えば、ふぐ刺し!

ふぐ刺し

ふぐ料理の種類は様々。しかし数あるふぐ料理の中でも、最もメジャーとされるのがお刺身、つまりはふぐ刺しです。関西では、ふぐ刺しのことをテッポウ刺しやテッサと呼ぶのだとか。

ふぐ刺しを初めて食べる方は、何でこんなに身が薄いの?と疑問に思うかもしれません。しかしその身は繊維質でできており、思いの外弾力があります。そう、噛みづらさを考慮し、あえて薄切りにしているのです。ちなみに、切り身はポン酢で嗜むのが一般的。

美味しいふぐ刺しを食べたいなら、健康でピチピチなふぐが多くなる夏場が狙い目です!


冬場はふぐちり鍋・ふぐひれ酒でほっこり

ふぐちり鍋

冬場もふぐを楽しみたい方は、ふぐちり鍋がおススメです。切り身や骨、季節の野菜を土鍋に入れ、昆布のきいたお出汁とともにいただきます。こちらもポン酢で食べることはもちろん、薬味として葱を加えるとより深い味わいになります。

また、鍋料理には美味しい日本酒がつきもの。そこでぜひお試しして欲しいのが、ふぐひれ酒です。ふぐのひれをしっかり焼き、熱々の日本酒に浸せば、香ばしいふぐひれ酒のできあがり。ふぐちり鍋にふぐひれ酒・・・この贅沢なコンビを思う存分堪能すれば、心と体がしっかりと温まるはずです!


かわいいフォルムからは想像できない、フグ中毒について

ふぐ

ぷっくりとしたフォルムで、愛嬌たっぷりのふぐ。しかし前述した通り、見た目とは裏腹に強い毒素を持つという特徴があります。青酸カリの約1000倍ともされるフグ毒テトロドトキシンは、0.5~1.0mg程度の摂取で致死量に及びます。煮る、焼くなどの調理では毒素が消失されず、現時点ではフグ中毒に有効なワクチンや解毒剤も存在しません。

そしてフグ中毒になる原因のほとんどが、家庭内での素人調理だそう。季節や個体によっても毒性に差があるので、フグ毒の知識がなく調理することは厳禁。毒処理を行う場合は、ふぐ処理師免許が必要になります。


コスパ高めのふぐ料理店なら、ココへ!『旬魚と旬菜 竹なか』

旬魚と旬菜 竹なか

画像提供:旬魚と旬菜 竹なか 小倉

高級魚ふぐを思い切り楽しむならココ!「旬魚と旬菜 竹なか」では、ふぐ刺しや白子、ふぐのフルコースなどを堪能することができ、ふぐ、ふぐ、ふぐ尽くし!

そして特に注目すべきは、コストパフォーマンス高めの嬉しいお値段です。ホームページ内のクーポンを利用すれば、飲み放題つきの10品フルコースがなんと5,000円になるのだとか。

お席はテーブル席をはじめ、個室、宴会用の座敷まで幅広く対応。ランチにデートに家族団らん…貴重な記念日はぜひ竹なかに足を運び、美味しいふぐ料理を堪能してくださいね。


住所:福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-22

アクセス:Active Resorts 福岡八幡から旬魚と旬菜 竹なかまで、お車で約25分
公式サイト:旬魚と旬菜 竹なか 小倉【公式】


私たちの心を幸せにするふぐ料理。お腹を満たした後は、ぜひActive Resorts 福岡八幡にお立ち寄りください。

当ホテルでは、サウナルームを併設した温泉大浴場を完備。ご宿泊中は、アルカリ性泉質の温泉を何度でもご利用いだだけます。入浴後は、癒し・くつろぎを極めた客室で、ゆったりとした時間をお楽しみください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram