まさに自然の神秘!美しい真珠の生まれる秘密を公開

Hotel & Resorts ISE-SHIMA

結婚指輪にダイヤモンド、自分へのご褒美にエメラルド・・・。世界には人々を魅了する、様々な宝石たちで溢れています。

しかしこれらは安易に見つかるわけではなく、自然豊かな山岳地帯や海岸などで、人間に身を隠すようにひっそりと佇んでいます。そして日本で採れる有名な宝石と言えば、真珠。これからご紹介する真珠の秘密を知れば、その希少価値の高さにきっと誰もが驚くはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

奥深い真珠の歴史

奥深い真珠の歴史

「人魚の涙」や「月のしずく」とも呼ばれている真珠。その歴史は深く、なんと紀元前3200年頃にはその存在が知られていたとか。エジプトの女王クレオパトラが、真珠を酢に溶かして飲んだ・・・そんな逸話も残されています。

また紀元前3世紀頃には、イタリア・ローマでも真珠が用いられていたそう。実は私たちが思う以上に、真珠の歴史は奥が深いのです。


真珠は世界中が生産地!

真珠は世界中が生産地!

古くから世界中で愛されている真珠。その形と色は、白く丸みを帯びていると想像するのが一般的です。しかし、実は真珠の種類はひとつだけではありません。タヒチ産の黒真珠や、オーストラリア海域で採れる銀色の白蝶真珠など、生産地によってもその彩りは異なります。

そして国内では、伊勢志摩にある英虞湾やミキモト真珠島が有名。特に後者は、真珠王・御木本幸吉氏が、世界初の真珠養殖を実現させたゆかりの地でもあります。これらの養殖地で採れる真珠は「アコヤ真珠」と呼ばれています。数種類存在する色味の中でも、ホワイトピンク系に人気が集中しているようです。


愛情を込めて行われる、真珠の養殖

愛情を込めて行われる、真珠の養殖

ご存知の方も多いと思いますが、真珠は貝から採取することができます。しかし、海に潜って簡単に採れると思ったら大間違い。真珠の採取・養殖は、一筋縄ではいかないのです。

まずは雌貝・雄貝の選別をし、受精させる。即ち、貝を育成することから始まります。その後徹底した核入れ手術や貝の管理を経て、初めて真珠を採取することができるのです。

愛情を込めて育てられる期間は、なんと約4年にも及びます。本真珠の値段はかなりお高めですが、このような難しい過程を経ているとあれば納得ですね。


パワーストーンとしての真珠

パワーストーンとしての真珠

結婚式などのフォーマルな場や、カジュアルな服装のアクセントとしてなど、様々なシーンで活躍する真珠。ネックレスや指輪などの真珠ジュエリーは、女性を華やかにし、イベントに彩りを添えるための必須アイテムと言えます。

そんな真珠ですが、実はパワーストーンとしても人気があることをご存知ですか?真珠は女性を美しくするだけではなく、見る人の気持ちを穏やかにさせる効果があると言われています。他にも恋愛運や対人運、仕事運アップに繋がるのだとか。

美しさも兼ね備えたお守りとして、ひとつ身に着けておくのもおすすめです。


いざ、真珠のテーマパークへ!『ミキモト真珠島』

いざ、真珠のテーマパークへ!『ミキモト真珠島』

ネット上には、様々な真珠のアクセサリーやジュエリーが販売されています。しかし服や靴と同じように、写真と現物の印象には違いが出てくるものです。届いたものの違和感や購入の失敗を避けたいなら、ショップまで足を運ぶことをオススメします。

そして、本当に良いものを手に入れたい!と願うなら、思い切って現地で調達してみてはいかがでしょうか。ミキモト真珠島は、真珠博物館の見学やジュエリーを購入できる、言わば真珠のテーマパークです。

一点一点丁寧に作られたブランドジュエリーはもちろん、ミキモト真珠島のオリジナルアイテムも豊富にご用意。ここに来れば、お気に入りの真珠アイテムに出会えるはずです!


住所:三重県鳥羽市鳥羽1-7-1

アクセス:Hotel & Resorts ISE-SHIMAからミキモト真珠島まで、お車で約30分
公式サイト:ミキモト真珠島|MIKIMOTO PEARL ISLAND


私たちと同じように、真珠の色や形には個性があります。きれいな形・照り・色をした真珠は高価で人気がありますが、価値や価格にとらわれず、自分の気に入った真珠を見つけて下さいね。

真珠好きの方にぜひ訪れてほしい「ミキモト真珠島」を堪能した後は、ぜひHotel&Resorts ISE-SHIMAへお立ち寄りください。美しい的矢湾を眼下に望む客室で、旅の思い出を真珠とともに振り返ってみてはいかがでしょうか。

スタッフ一同、お客様のお越しを心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram