パンダは上野だけじゃない!間近で見られる和歌山のパンダを紹介♪

Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE

パンダといえば、上野動物園の「シャンシャン」誕生が話題となりましたが、パンダは和歌山県の「アドベンチャーワールド」でも見られます!

えっ?と思うかもしれませんが、上野よりもたくさんのジャイアントパンダを和歌山で見られるのです。2018年8月14日に誕生した、パンダの赤ちゃんもいます。

パンダの存在を身近に感じられる和歌山県の「アドベンチャーワールド」について紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年8月14日誕生!可愛いパンダの赤ちゃん

パンダの赤ちゃん

何と、和歌山県の「アドベンチャーワールド」でも、2018年8月にパンダの赤ちゃんが誕生しています♪上野のパンダだけではないのです!

上野動物園の赤ちゃんパンダの一般公開に話題が集中してしまい、和歌山のパンダ誕生は知らなかった方も多いかもしれませんね。

「アドベンチャーワールド」には2018年現在、赤ちゃんも含む6頭ものジャイアントパンダがいます。“自然なかたちで生まれたのは和歌山のほうが先”、“赤ちゃんパンダが産まれた数は、中国を除いて海外では世界一”、“パンダの数が多い”など、上野動物園のパンダより何かと実績は上回っています。これまでに生まれたパンダを何頭も中国へ返還している実績もあります。

それなのに、なかなか全国に知られる機会が少ないのは、来園者数やマスコミの取り上げられ方が圧倒的に上野のパンダのほうが多いからかもしれません。とはいえ、和歌山のパンダも見ない手はないでしょう。せっかくの和歌山旅行には、ぜひパンダを見る予定も入れてみてくださいね♪


赤ちゃんパンダの名前募集中!

赤ちゃんパンダの名前募集中!

出生時の体重が75gと、「アドベンチャーワールド」で生まれた歴代パンダの中で一番小さく生まれたのが今回誕生したパンダの赤ちゃん。

やっと目が開いたばかりの可愛いパンダの赤ちゃん。現在、名前を募集中なんです!

締め切りは、2018年11月16日(金)。名付け親になってみたいと思う方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

応募方法

1:アドベンチャーワールド園内の応募用紙から      

2:インターネット「パンダの赤ちゃん名前募集」特設サイトから(日本語、中国語、英語対応)    

3:ハガキから

※詳しくは公式サイトをご覧ください。


母親と赤ちゃんのツーショットが見られる!

母親と赤ちゃんのツーショットが見られる!

※画像はイメージです

和歌山で誕生した赤ちゃんパンダは、「ブリーディングセンター」という会場の屋内で、決められた時間ではありますが、すでに親子での一般公開をしています。

毎日<10:15~10:35/14:40~15:00>の各20分間に、順番に並んで進みながら赤ちゃんパンダを見ることができます。赤ちゃんの成長により、公開時間の変更や中止がありえますので、園内情報やHP情報は常にチェックすることをおすすめします。


ガラス越しではなく、間近にみられるパンダ

ガラス越しではなく、間近にみられるパンダ

和歌山の「アドベンチャーワールド」では、赤ちゃんを入れて現在6頭のパンダがいます。上野のパンダより頭数が多く、ガラス越しの見学ではなく、1年を通して間近にみられるのも特徴です。広々とした空間でゆったりと過ごすジャイアントパンダを見れば、可愛さのあまり日ごろの疲れも吹き飛んでしまうかもしれません♪


入園当日に誕生日なら、本人は入園無料!

入園当日に誕生日なら、本人は入園無料

入園券売場で、誕生日を証明できるもの(運転免許証、健康保険証など)を提示すれば、誕生日の本人は入園料無料になります!記念バースデーバッジのプレゼントもありますので、誕生日をかわいいパンダと一緒に過ごすのもいいですね♪

【期 間】2018年12月31日(月)まで

※当日が休園日の場合は、前後営業日の利用可(2018年10月現在)

詳しくは公式サイトをご覧ください。


住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABEからアドベンチャーワールドまで、お車で約40分
公式サイト:アドベンチャーワールド


パンダだけでなく、他の動物を一緒に見ることもできる「アドベンチャーワールド」は、ファミリーやカップルなどには特におすすめの観光スポットのひとつです。

宿泊には、和歌山の味や癒しを堪能できるHotel & Resorts WAKAYAMA-MINABEを、ぜひご利用ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram