不思議を知れば何倍も楽しい!別府地獄めぐりの「色」について

Hotel & Resorts BEPPUWAN

別府観光に来たなら、ぜひ、有名な別府「地獄めぐり」へ!ボコボコと沸き立つ熱湯や熱泥、モクモクと立ち昇る白い湯煙が異次元の世界を感じさせてくれます。

「地獄」があるのは、鉄輪(かんなわ)と亀川あたり。温泉がつくる不思議な自然の景観が、人気の観光名所となっています。

そもそも「地獄」といわれるようになったのは、約1200~1300年前のこと。奈良時代の「豊後風土記」に、色の違う温泉が湧き出る様子が書かれています。

当時は地獄絵図のような恐ろしい場所だったところが、今は観光地となったのですから、時代による価値観の違いというのは面白いですね。それでは早速地獄の不思議についてみていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

一度は行ってみたい!別府「地獄巡り」について

一度は行ってみたい!別府「地獄巡り」について

7つの源泉がある「別府地獄」を管理しているのは別府地獄組合です。

海地獄・血の池地獄・白池(しらいけ)地獄・龍巻地獄・鬼石坊主(おにいしぼうず)地獄・鬼山(おにやま)地獄・かまど地獄、この7つの地獄を巡るには、共通券のご利用がおすすめです。1ヵ所ずつ個別料金での見学も可能ですが、5ヵ所以上めぐるなら共通券の方がお得になります♪足湯や日帰り入浴を備えた場所もあり、休憩を取りながらの見学もおすすめですよ。

7つの「地獄」のうち、国の名勝に指定されているのは、海地獄(青色)・血の池地獄(赤色)・白池地獄(白色)・龍巻地獄(吹き出す温泉が見どころ)の4つです。今回は、この4つの「地獄」をピックアップ!色の違いなどの、それぞれ持つ個性を楽しみましょう。


住所:大分県別府市鉄輪559-1

アクセス:Hotel & Resorts BEPPUWANから別府地獄組合まで、お車で約15分
公式サイト:別府地獄めぐり公式サイト(別府地獄組合)


うっとりするコバルトブルー!『海地獄』

海地獄

海地獄の温泉成分は、“ラジウム硫酸鉄”が多く、太陽光を通して見ると青色に見えます。青色にもいろいろありますが、海地獄の場合、コバルトブルーといえるでしょう。

色の違いは、簡単にいうと、温泉の成分や沈殿物、太陽の可視光線(目に見える光線)の波長の兼ね合いによって起こるものです。

ここでは温泉を粉末にした入浴剤「えんまんの湯」や、竹籠を浸けて作る「温泉卵」が人気です。

泉質:含食塩酸性泉
深さ:約200m
温度: 約98℃
足湯あり


その名の通り、血に染まったかのような温泉『血の池地獄』

血の池地獄

血の池地獄の温泉成分は、“酸化鉄”や“酸化マグネシウム”が多く、それを含んだ熱泥が空気に触れることで酸化した成分が、太陽光の反射で赤く、または茶色く見えるのです。一般的に、成分の混じり具合で、赤色が強いのか、茶色が強いのかの違いが出ます。

血の池地獄は、「豊後風土記」に「赤湯泉」として登場する日本最古の天然地獄で、戦前からは、熱泥を皮膚病薬にした「血の池軟膏」が販売されています。

泉質:酸性緑礬泉
深さ:約30m以上
温度: 約78℃
足湯あり


庭園のような美しい景観『白池地獄』

白池地獄

白池地獄の温泉成分は、“塩化ナトリウム”、“ケイ酸”、“重炭酸カルシウム”が含まれ、白色はその時々でうっすら青みや緑がかっている白色に変化します。噴出時は透明で、池に流れる際に酸素に触れることや温度と圧力の低下、太陽光でそのように変化するのです。

落ち着いた和風庭園の趣があり、一番ゆっくり見たいと思える「地獄」かもしれません。

泉質:含ホウ酸食塩泉
温度:約40℃(噴出口は、 約95℃)


白いしぶきの噴出に圧倒される『龍巻地獄』

龍巻地獄

間欠泉とは、温泉水と地熱が作り出した天然の噴水のことです。龍巻地獄の場合、約30~40分の一定間隔で、白いしぶきを上げて噴出します。約105℃の源泉が本来、約30mの高さまで噴出するのですが、噴出時の危険が及ばないように石の屋根や石垣でさえぎってあります。

ちょっと残念な気もしますが、熱湯がかかったら大変なので仕方ないですね。

一度の噴出で約6~10分出続け、池に落ちる時に酸素に触れ、淡いブルーの温泉となって溜まっています。

泉質:含食塩酸性泉
泉温:約105℃(噴気)
地下熱水:約150℃


これだけ色の違う数多くの「地獄」を見られるのは、全国でも大分だけ!今回ご紹介した他にも”ワニ地獄”とも呼ばれる「鬼山地獄」や、鬼がお出迎えする「かまど地獄」などもあります。

効率良く回るには、「海地獄」と「白池地獄」から回るか、「血の池地獄」と「龍巻地獄」から回る方法がおすすめです。できれば移動には、バス、タクシー、レンタカー、マイカーの利用が便利でしょう。

宿泊には、お近くのHotel & Resorts BEPPUWANを、ぜひご利用ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram