新鮮なトロがたっぷり楽しめる♪串本の養殖マグロの秘密を紹介!

Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTO

養殖マグロで有名な串本。鮮度の良いマグロを1年中食べることができて、トロの部分が多いのが特徴!今回は、串本が養殖マグロで有名な理由や、養殖マグロとはいったい何なのかについて詳しく説明します!

また、串本の養殖マグロを食べることができるおすすめスポット・養殖体験ができる所もあわせてお伝えしていきます★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

串本の養殖マグロが有名な理由

養殖マグロ

串本町は和歌山県東牟婁郡にある、本州で最南端の町。串本が養殖マグロで有名な理由は、「世界で初めて完全養殖に成功した」という歴史が関係しているのです!完全養殖が成功したのは平成14年(2002年)のこと。これをきっかけに、養殖マグロを町全体で大きく宣伝し始めました。そんな串本の養殖マグロの美味しさの秘密は5つあります。

1.年間通じて安定して提供できる
2.品質が安定している
3.鮮度が良い
4.トロの部分が多い
5.天然のマグロによく見られる「身ヤケ」がない(※身ヤケとは、マグロを釣り上げる時に温度変化などがきっかけでマグロの品質が下がってしまうこと。身ヤケがあると、ボソボソした食感になり赤身が綺麗に発色しなくなってしまいます。)

5つの美味しさの秘密をもつ串本の養殖マグロは、地元の方はもちろん、観光者からも大人気!おすすめの食べ方は、お刺身やしゃぶしゃぶです。


マグロはとってもデリケート!?完全養殖成功までの長い道のり

養殖マグロ

世界で初めての完全養殖が成功するまでには、とても長い道のりがありました。串本で養殖を始めたのは1970年のこと。完全養殖が成功した2002年に至るまで、なんと32年の歳月が費やされているのです!

マグロの稚魚は簡単に手に入りますが、育つまでがとても大変。暴れて体に傷がついてしまったり、網に引っかかり怪我をしてしまったりすると、マグロはすぐに死んでしまいます。

養殖を開始して9年目、初めて自然産卵・孵化に成功したものの、2ヶ月に満たないうちに全滅・・・なんてことも。育ってきてもなかなか産卵しないという状況を前に、水温の管理をはじめ様々な努力を重ねた結果、やっと世界初の完全養殖が成功したのです!


養殖マグロの育て方

養殖マグロ

養殖マグロの育て方は、大きく分けると3段階あります。

1.種苗の確保:夏~秋の時期に、養殖の原料となる天然・人口の種苗(稚魚)を仕入れます。
2.餌付け:稚魚が餌を食べることができるよう、環境の変化に慣らしていきます。この期間は約2週間~数ヶ月です。
3.飼育:1年半~3年の間、出荷できるサイズまで育てていきます。この時、餌の種類はマグロの成長具合によって変えていくなど工夫をします。成魚になり出荷というケースと、中間魚のまま種苗として養殖業者に出荷するケースもあります。

このように大きく3つのサイクルを経て、養殖マグロは出荷されています。


養殖マグロが食べられるおすすめスポット『お食事・割烹 精乃門』

精乃門

画像提供:串本マグロ料理推進協議会

串本のマグロを堪能したい、そんな時におすすめしたいのが「精乃門(せいのもん)」の「串本マグロしゃぶしゃぶ御膳」!串本のご当地グルメとして「串しゃぶ御膳」という名前で親しまれています。お重に入ったマグロは、赤身・中トロ・大トロ。お刺身やしゃぶしゃぶで、マグロをたっぷり味わうことができるメニューです♪

~串しゃぶ御膳の内容~
・一の重(赤身):コクと甘みのある赤身を、お刺身で柚子胡椒とともに。
・二の重(中トロ):マグロ好きには堪らない中トロ。脂と赤身の美味しさを同時に味うことができます。お刺身ではわさび醤油がおすすめ。
・三の重(大トロ):口の中でスーッと溶ける感覚がやみつきになります。お刺身はぜひ生姜醤油で。しゃぶしゃぶにすればサッパリといただけます。
・四の重(野菜):お鍋にマッチする、地元で採れた季節の新鮮野菜をセレクト。
・しゃぶしゃぶ鍋
・マグロの副菜
・マグロ寿司

マグロをたっぷり満喫できる串しゃぶ御膳を、名店「お食事・割烹 精乃門」でお楽しみください。


住所:和歌山県東牟婁郡串本町串本1735−34

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOからお食事・割烹 精乃門まで、お車で約5分
公式サイト:精乃門


養殖体験をするなら『ほんまもん体験』で!

ほんまもん体験

画像提供:串本町観光協会

串本ではおいしいマグロが食べられるのはもちろん、マグロの養殖体験もできちゃいます!港でレクチャーを受けた後、船に乗って養殖イケスへ出発!餌をあげたり漁具をお手入れしたりと、本格的な体験コースを楽しめます★最後にはマグロを試食できるという嬉しい特典付き!

ほんまもん体験

画像提供:串本町観光協会

完全養殖の難しさや歴史についてのお話も聞くことができます。串本ならではの体験を、ご家族やカップルで楽しんでみてはいかがでしょうか♪


住所:和歌山県東牟婁郡串本町大島

アクセス:Hotel & Resorts WAKAYAMA-KUSHIMOTOからほんまもん体験まで、お車で約15分
公式サイト:本まぐろ養殖体験 | ほんまもん体験システム


「養殖って簡単にできるんじゃないの?」と思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、想像以上に大変なことだということがわかりましたね。苦労の結晶「養殖マグロ」を食べに、ぜひ和歌山県串本町までお越しください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram