街では出会えない鳥を見つけよう!はじめての野鳥観察のポイントと楽しみ方

Active Resorts 裏磐梯

裏磐梯は、野鳥がたくさん見られることで有名なスポット。国際基準である「重要野鳥生息地(IBA)」としても認定されているほどで、日本三大野鳥生息地のひとつでもあります。

そこで今回のダイワリゾートマガジンでは、野鳥観察の魅力やポイント、注意点をご紹介したいと思います。裏磐梯で見られる鳥についてもチェックしていきましょう!かわいい鳥たちに癒される野鳥観察を始めるきっかけになると嬉しいです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

野鳥観察ってなに?

バードウォッチングとも言われる野鳥観察はヨーロッパで発祥し、イギリスを中心に広がっていきました。その背景には、1889年にイギリスで鳥類保護協会が設立したことが深く関係しています。野鳥を守るために「鳥を見て楽しむ」ということが推奨されたのです。

野鳥

その後海外から日本へと野鳥観察が文化として広まり、今では趣味として多くの人が野鳥の観察を行っています。野鳥観察の魅力は、季節や場所によって様々な鳥たちを見つけることができ、自分のペースで楽しめるところ。また、野鳥観察はハイキングやトレッキングと合わせて楽しむことができるので、近頃では若い人の趣味としても人気になっています。


野鳥観察で必要なもの

野鳥観察は、初心者でも安心して始めることができます。まずは、必要なものをチェックしていきましょう。

野鳥観察

■双眼鏡
野鳥観察では遠くにいる鳥を観察します。そこで必要になってくるのが「双眼鏡」です。双眼鏡は、対物レンズのサイズが約30mmのものがオススメ。倍率は約8倍がベストです。倍率をあげれば綺麗に見えるというイメージがありますが、倍率が高くなっていけばいくほど、視界が暗く狭くなってしまうので注意!

■靴
野鳥観察の際は、山歩きをする服装で行きましょう。長距離を歩くこともあり、足元が大切になってくるので靴をしっかりとチョイスしていくのがポイントです。水辺なら長靴、山ならトレッキングシューズ、雪で滑る可能性があるならばスノーブーツを履いて行きましょう。


野鳥観察をより楽しむために「フィールドノート」を持っていこう!

フィールドノートとは、野鳥の観察記録をつけるもの。どのような鳥を見つけ観察することができたのか、記録をつけておいて後から振り返ることも野鳥観察の魅力のひとつです。

ノート

フィールドノートは、持ち運びできてすぐに取り出せる小さいサイズがオススメ!ボールペンは、雨でもにじまない油性のもので、キャップが落ちないノック式のものにしましょう。

フィールドノートに書く内容は、「いつ、どこで観察できたのか」という情報と、「どのような鳥だったか」というイラストです。あわせてどのような色であったかや、鳴き声なども聞こえれば一緒にメモしていくと良いでしょう。野鳥図鑑を持っていき調べながら書くと、更に野鳥に詳しくなることができて楽しさ倍増です♪


野鳥観察の注意点

野鳥観察の注意点として、”日本野鳥の会”が提唱している「や・さ・し・い・き・も・ち」という項目があります。頭文字を取り、覚えやすくまとめられた注意点です。

野鳥
や:野外活動、無理なく楽しく
さ:採集は控えて、自然はそのまま
し:静かに、そーっと
い:一本道、道からはずれないで
き:気をつけよう、写真、給餌、人への迷惑
も:持って帰ろう、思い出とゴミ
ち:近づかないで、野鳥の巣
(引用元:野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN

また、撮影を行う場合はストロボは使わないようにしましょう。撮影場所を長時間占有してしまうことも、他の野鳥観察する人の迷惑になってしまうので注意が必要です。うっかり私有地に入ってしまわないように、観察をしても良い場所であるかもチェックが必要です。


磐梯山で観察できる鳥

アカゲラ

野鳥の森:シジュウカラ、コガラなどのカラ類、ホオジロ、アオジ、オオルリ、キビタキが見られます。標高約980mの展望台からは、クロジやアマツバメの姿も楽しめます。

中瀬沼遊歩道周辺:初夏の頃には、キビタキ、アオジ、クロツグミ、アカゲラなどのキツツキ類が見られます。

五色沼:四季を通してキツツキ類、カラ類、オオルリ、キビタキなどが見られます。早朝に訪れるのがオススメ。

桧原(ひばら)湖:キビタキやオオルリ、水鳥類を広範囲で見ることができます。

秋元湖周辺:川岸ではセキレイやカワガラス、木々の間では綺麗なオオルリを観察できます。


今回は、野鳥観察のポイントや注意点とあわせて、裏磐梯で観察できる鳥たちをご紹介しました。裏磐梯は、五色沼などの美しい景観を楽しみながらバードウォッチングができるのが魅力!野鳥観察デビューにもオススメです♪

野鳥観察の場所や時間帯なども、Active Resorts 裏磐梯にてご案内いたしますので、お気軽にスタッフまでお声がけください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram