玄界灘の海岸線と世界遺産!大島を自転車で爽やかに巡ろう!

Royal Hotel 宗像

世界遺産に認定されている福岡県宗像市の大島には、海岸線の美しい景色や歴史的な名所、世界遺産など魅力がいっぱい!

今回はそんな大島を自転車で巡るサイクリングコースを紹介します♪車で観光スポットを周るのもよいですが、肌で風を感じられる自転車なら大島の魅力を目一杯楽しむことができますよ。ぜひアクティブに自転車ツアーを楽しんでいってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは自転車を借りに行こう♪

自転車

大島ターミナル内にある大島観光案内所にて電動アシスト自転車のレンタルができます。料金は1日500円(2018年8月時点)。アップダウンが激しい道もありますので、電動自転車が借りられるのは助かります。

また、サイクリングコースについては大島観光案内所で確認することも可能なので、ご不明な点がありましたら、案内所にてルートを確認してみてくださいね。自転車を借りたら、大島ターミナルを出発地としてサイクリングに出かけましょう!


住所:福岡県宗像市大島1809-39

アクセス:Royal Hotel 宗像から大島観光案内所まで、お車で約25分
公式サイト:宗像観光ガイド「むなかたレンタサイクル”むなくる”」


大島に来たならまずここへ!『中津宮』

中津宮

まずは、大島ターミナルから約2分で到着する中津宮(なかつみや)から見学しましょう♪中津宮は、世界遺産に認定された宗像大社内の宗像大社を構成する三宮のひとつ。県の有型文化財にも指定されていて、日本神話に登場する宗像三女神の一柱である湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られています。

湍津姫神を含む宗像三女神は交通安全の神様として知られていますが、ご利益はそれだけではありません。金運・財運の神様としても有名なので、交通安全と共に金運に関するお願いをする方も多いとか。その他、縁結びのご利益もあることから素敵な出会いを望んでいる方にもオススメしたい参拝スポットです。


住所:福岡県宗像市大島1811

公式サイト:宗像大社│宗像三宮 沖津宮・中津宮・辺津宮詳細


『沖津宮遥拝所』から沖ノ島を眺めよう♪

沖津宮遥拝所

中津宮の次は、沖津宮遥拝所(おきつみやようはいじょ)へ向かいましょう♪中津宮から約15分で到着!こちらでは、一般の立ち入りが禁止されている沖ノ島を遠くから眺めることができます。

沖ノ島は昔から女人禁制(※現在は男女問わず入島禁止)、一木一草一石たりとも持ち出すことができない神聖な島であることから、島そのものがご神体であるといわれ続けてきました。渡島できないことから遠くから眺められるようにと沖津宮遥拝所が設けられたことが始まりです。晴れた日であれば、水平線上に浮かぶ沖ノ島をはっきりと眺めることができますよ♪爽やかな海風が心地良いのでリフレッシュにもピッタリです。


住所:福岡県宗像市大島1293

公式サイト:宗像大社│宗像三宮 沖津宮・中津宮・辺津宮詳細


美しい玄海灘を眺められる『風車展望所』

風車展望所

沖津宮遥拝所から約25分走ると、玄界灘を一望できる風車展望所に到着します♪小高い丘に見えてくる赤い風車が目印です。こちらで一旦自転車を置いて、大島灯台まで続く散歩道のウォーキングを楽しむのも良いでしょう。

美しい緑やひまわり畑など季節に応じた景色を楽しめるのもポイントです。風車展望所まで来たら、海と風車の音に耳を澄ませてみましょう。旅の思い出に写真を撮ることも忘れずに。

風車展望所から大島ターミナルへは、約30分~40分で戻ることができますよ♪


住所:福岡県宗像市大島2797

公式サイト:宗像観光ガイド


サイクリング中の食事はどうする?

お弁当

サイクリングは身体を動かすので、いつもよりお腹がすきます。大島にはお食事どころも豊富ですが、お食事できるスポットは大島ターミナル付近に集中しているため、遠くに離れるとなかなか食事がとれなくなってしまうことも。

そんな時は、お弁当を買って持って行くのがオススメ!好きな時に食べられますし、広々とした自然の中でいただくお弁当は最高です♪

身体を動かすことで汗をかくので、飲み物も忘れずにお持ちください。お弁当だけで足りなかったときは、大島のお食事どころにも立ち寄っていきましょう!


今回は、世界遺産や大島の自然を眺められるサイクリングコースを紹介しました。爽やかな海風に当たりながら自転車を走らせることで普段の生活では味わえないような素敵な体験ができることでしょう。

旅先でのリフレッシュや、自然を満喫したいと思う方にピッタリなサイクリング。宗像・大島の自然や歴史に触れながら、旅の思い出を作りましょう!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram