高級和牛を楽しむ前に!牛肉の部位とその味わいを知っておこう

Hotel & Resorts ISE-SHIMA

三重県のグルメといえば、やっぱり松阪牛!日本三大和牛のひとつとされており「肉の芸術品」とも言われる美しい霜降りが特徴です。

そんな高級和牛をいただく前に、牛肉の詳しい部位やおいしい食べ方について学んでみませんか?

ひと口に“牛肉”といっても、「トロトロの霜降りが好き!」「脂身が少ない方が食べやすい」「できるだけリーズナブルに楽しみたい」などなど、お好みがありますよね。事前にお肉について知っておき、自分好みのお肉を目いっぱいおいしく食べましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

高級和牛は脂っぽい!?

まず、和牛を食べる前に知っておいてほしいことは<高級和牛=霜降り>ではないということです。もちろん霜降りは高級で味わい深いものですが、なかにはサシ(脂身)が苦手な方もいらっしゃいますよね。

そんな方にオススメしたいのが「ヒレ」。牛肉の中でも最も柔らかく、脂身や筋がほとんどないのが特徴です。ぜひステーキやカツレツなどで召し上がってみて下さいね。

ヒレステーキ

また、ヒレの中でも更に希少な部位が「シャトーブリアン」。一頭の牛からわずかしか取れないためお値段も高くなりますが、その味わいは絶品!脂身がほとんどないのに柔らかく、味も濃厚です。さっと焼いたステーキで素材の味を堪能しましょう。

お肉の固い部分は、リーズナブルで旨味たっぷり!

牛肉の固い部分は、比較的手ごろなお値段で購入できます。しかし<安い=おいしくない>というわけではありません!硬い部分には旨味が濃縮されており、煮込み料理に最適。おいしい出汁がたっぷりとれますよ。

ビーフシチュー

スネ・もも・ネック・肩などの固い部分は、脂肪分が少ないので脂を控えたい方にもぴったり。シチューや煮物などで、柔らかくなるまでじっくり煮込んで調理しましょう。

霜降りをおいしく食べるなら

せっかく高級和牛をいただくなら、一度は味わいたい“霜降り”。霜降りとは、サシ(脂)がたっぷりと入った部位のことです。見た目も美しく、これぞ高級和牛といった雰囲気満載。サシの旨味を楽しみたい方には「サーロイン」がおすすめです。ステーキやすき焼きなどによく使われ、ヒレの次に柔らかい部位です。

霜降り

他には「ザブトン」もおすすめ。あまり聞きなれない部位ですが、「ハネシタ」とも言われる肩ロースの一部です。サシがたっぷり入った部位ですが後味がさっぱりしており、上品な味わいです。ぜひステーキや焼き肉で召し上がってみて下さい。

スタッフおすすめ!和牛が食べられるお店その1『豚捨』

おかげ横丁

伊勢神宮からほど近い場所にある観光スポット『おかげ横丁』にお店を構える『豚捨(ぶたすて)』。地元の方にも大人気の美味しい和牛が食べられるお店です。

豚捨は、松阪牛より前から三重県にあった「伊勢肉」を食べられる和牛専門店。店内ですき焼き・あみ焼きなどをゆっくりと堪能できるのはもちろん、気軽にコロッケや串かつを購入して食べ歩くことができます。人気の牛丼もおすすめ!カジュアルに高級和牛を楽しめるのが嬉しいですね。

お伊勢参りの前に、しっかり腹ごしらえしていきましょう。


住所:三重県伊勢市宇治中之切町52おかげ横丁

アクセス:Hotel & Resorts ISE-SHIMAから豚捨まで、お車で約34分
公式サイト:伊勢の和牛の通販・お取り寄せ 三重産和牛の老舗 名産伊勢肉「豚捨」


スタッフおすすめ!和牛が食べられるお店その2『和田金』

ホテルからは少し距離がありますが、松阪城跡・本居宣長記念館・松坂神社近くの『和田金(わだきん)』。松阪牛を様々なスタイルで堪能できるお店です。

霜降り牛

寿き焼き(すきやき)、あみ焼き、ステーキなどはもちろん、シャトーブリアンコースなどの希少価値が高い部位存分にも味わえます。さすがは高級和牛!その牛脂は宝石のようにきらめき、味わいも上品。脂身が苦手な方でも楽しんでいただけます。

お肉を引き立たせるおいしいお酒の種類も豊富。大切な人と贅沢な時間を過ごすのにおすすめのお店です。


住所:三重県松阪市中町1878

アクセス:Hotel & Resorts ISE-SHIMAから和田金まで、お車で約1時間
公式サイト:松阪肉元祖-和田金│店舗のご案内


HOTEL & RESORTS ISE-SHIMAホテル内にも『スカイレストラン シービュー』『和食処 潮騒』など、伊勢の味覚を堪能できるレストランを豊富にご用意しております。

伊勢の名物松阪牛はもちろん、新鮮な魚介類やお酒も楽しんでいってくださいね。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram