お遍路巡りを堪能する心得とは?巡拝旅行に必要な基礎知識について

Royal Hotel 土佐

太平洋と瀬戸内海に囲まれた四国一帯は、昔からお遍路の巡礼地として有名です。そして八十八ヶ所に及ぶ霊場は、開創1200年以上という長い歴史を持ちます。

健康祈願や開運、縁結びなどのためにお遍路巡りを計画されている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、巡礼旅行に必要な基礎知識についてご紹介します。マナーや心得など、参拝の際に役立つ情報が盛り沢山です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

お遍路とは、空海の足跡を辿ること

お遍路とは、空海の足跡を辿ること

お遍路巡りと聞くと、誰もが神聖な印象を持つかと思います。パワースポットに癒されたい、開運の祈願など、巡礼の動機も人それぞれです。

神社参拝に詳しい方は、個人の欲のみの巡礼に否定的になることもしばしば。しかし、その目的は形式に囚われるものではありません。お遍路を行う基本的な心得・・・それは弘法大師、即ち空海と旅をするということです。

四国八十八ヶ所の霊場は、言わば空海の修行の場。その痕跡を巡り、各々に巡礼の意味を見出すことが、お遍路巡りの最大の目的と言えます。ちなみに、巡礼者の傘に記される「同行二人」という文字は、自分自身と空海を示しています。


巡り方は5種類

巡り方は5種類

巡礼の順番は、基本的には一番札所から巡る「順打ち」が一般的です。ただその方法もひとつではなく、八十八番から巡る「逆打ち」も存在します。逆打ちは、なんと順打ち3回分のご利益があるのだとか。

その他にも、一つの県を国に見立てて巡る「一国参り」や、適当に区間を決める「区切り打ち」、そして全ての札所を一度に巡りきる「通し打ち」などがあります。巡り方に厳しい取り決めはありません。自身の体力に合わせ、巡礼を楽しんでください。


服装に厳しい規定はなし

服装に厳しい規定はなし

巡礼者が身に纏う白い白衣に菅笠(すげがさ)。お遍路巡りには、それなりの装備が必要だと思う方も多いのではないでしょうか。しかし心配ご無用。目的や巡り方と同様、服装にもこれと言った定めはありません。

ジーンズやスニーカーなど、カジュアルな装いでの巡礼もOKです。山道があるため、歩きやすい格好が良いでしょう。また自身が巡礼者であることをより実感したいなら、上から白衣を羽織り、杖を手にとることをオススメします。地元の方や、巡礼者同士のコミュニケーションもグッと深まりますよ。


巡礼に必須な持ち物は、コレ!

巡礼に必須な持ち物は、コレ!

お遍路巡りの必須アイテムは以下の6つ。参拝時、手を合わす際に用いる念珠や、納札箱に納める納札、四国霊場専用の経本などが必要になります。また、ろうそくやお線香、ご朱印・黒書を頂く際に必要な納経帳もご用意ください。

そして神社の参拝と同様、お気持ち程度のお賽銭も必要です。これらの持ち物は、事前に札挟・巡拝パックに収めておくことがベスト。参拝の際、スムーズに取り出すことができます。


交通手段について

交通手段について

お遍路巡りは徒歩での巡礼が基本でしたが、それはもう昔の話。交通手段においても制限などはなく、個人で自由に選ぶことが可能です。

マイカーやバス、電車などを利用しても構いません。ただこれらの交通手段を選んだ場合、信号の待ち時間や渋滞に巻き込まれる可能性があります。

山間部では、電車やバスの運行本数が極端に少ない場合もあるでしょう。時間の無駄を省きつつ、スムーズにお遍路巡りを楽しみたいなら、レンタカーを借りたり、旅行会社が企画しているツアーに参加するのも良いでしょう。


札所での参拝マナーとは?

札所での参拝マナーとは?

札所に到着後は、以下のマナーを守り正しく参拝しましょう。

まず、門前で手を合わせ一礼。境内に入り、水屋で手と口を清めましょう。左手・右手の順番で手を洗ったら、左手に水を取って口を漱ぎ、柄杓の柄を清めます。次に、境内の鐘を2度突き、本堂の納札箱に納札を入れます。

続いてお線香3本、ロウソク1本をあげてください。賽銭箱にお賽銭を入れたら、遍路用の経本の読み上げ、即ち納経を行います。

その後大師堂へ向かい、本堂と同じ手順で参拝。2つのお堂の参拝が終了したら、最後に納経所にてご朱印・黒書をいただきます。門前を出る際は、合掌・一礼をお忘れなく。


巡礼のマナーと言っても、その内容は比較的自由。あまり堅苦しく考える必要はないのかもしれません。そしてお遍路巡りの道中は、知らず知らずのうちに疲れが溜まってしまうもの。

心身の疲労を癒すなら、Royal Hotel 土佐が最適です。自慢の温泉や郷土料理、オーシャンビューの客室が、疲れた体に癒しを与えてくれます。

ファミリー、カップルはもちろん、お一人様でも大歓迎!スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram