日本を代表する温泉地、別府温泉の秘密と豊富な泉質を一挙紹介♪

Hotel & Resorts BEPPUWAN

別府八湯といわれるように、さまざまな泉質が楽しめる別府温泉。今回は、“日本一の温泉地”と呼ばれている秘密に迫りながら、その豊富な泉質をそれぞれ紹介したいと思います。

こちらで紹介する別府温泉の魅力を参考にしながら、温泉旅行の計画に役立ててみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

別府はなぜ温泉が多いのか?

別府はなぜ温泉が多いのか?

別府は温泉の源泉数と湧出量ともに日本一を誇ります。泉質が豊富な点も魅力のひとつ。そんな日本一の温泉地といえる別府ですが、なぜ多くの温泉が存在するのでしょうか。

別府の温泉は、地下水がマグマの熱で温められたものが温泉となっています。そのため、火山活動が盛んな場所に位置する別府には温泉が多く存在するのです。


『別府八湯』それぞれの特徴&泉質について

『別府八湯』それぞれの特徴&泉質について

別府にある温泉を地域ごとに大きく分けると8つあることから、別府八湯(べっぷはっとう)と呼ばれています。ここでそれぞれの温泉の特徴と泉質を紹介したいと思います。

【浜脇温泉】 別府温泉発祥の地とも呼ばれている浜脇(はまわき)温泉。浜から温泉が湧き出る様子を名前に表して「浜脇温泉」と名付けられたそうです。
泉質:単純泉

【別府温泉】 別府八湯の中心になっている別府温泉は、別府市街地にある温泉街です。交通の便が良いので、観光客にも人気がある場所。様々な泉質の温泉施設が多いことが特徴。
泉質:単純泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉など

【亀川温泉】 亀川温泉は、JR亀川駅周辺の海沿いにある温泉地。泉質は主に塩化物泉です。別府海浜砂場では、海岸から湧き出る温泉で作られた砂風呂に入ることができます。
泉質:単純泉、塩化物泉など

【鉄輪温泉】 立ち上る湯けむりが特徴的な鉄輪(かんなわ)温泉。別府地獄巡りの中心にもなっているので多くの人でにぎわいを見せています。
泉質:単純泉、塩化物泉、硫黄泉など

【観海寺温泉】 観海寺(かんかいじ)温泉は、別府八湯のなかでも一番見晴らしが良いのが特徴。高台の上にある温泉地です。
泉質:単純泉、塩化物泉

【堀田温泉】 自然豊かな温泉地で知られる堀田温泉は、湯量が豊富な点が特徴です。湯布院からも近いことから多くの観光客が足を運ぶ温泉地のひとつ。
泉質:硫黄泉、単純泉など

【柴石温泉】 柴石温泉は、別府地獄巡りのひとつ、血の池地獄周辺にある山あいの温泉地です。むし湯や露天風呂、家族風呂など様々な種類の温泉がありますので、友人同士から家族連れまで楽しむことができます。
泉質:硫酸塩泉、塩化物泉など

【明礬温泉】 硫黄の匂いが漂う温泉地、明礬(みょうばん)温泉。わらぶき屋根の小屋が目印です。泉質が豊富なため、温泉通の間でも知名度の高い場所。
泉質:硫黄泉、硫酸塩泉、単純泉など


泉質の違いは?

泉質の違いは?

先ほど、別府八湯とその泉質ついてお伝えしましたが、こちらでは泉質の特徴について深堀していきたいと思います。

単純泉:お湯の色は無色透明で湯の香りも少ないですが、刺激が少なく優しい温泉ともいわれているので、子供からお年寄りまで安心して入ることができます。

炭酸水素塩泉:美肌の湯と呼ばれるほど、入浴した瞬間、肌がなめらかになることを実感できます。肌の不要な角質や毛穴の汚れをなくす効果も◎。

塩化物泉:塩化物泉は、温泉水の中に食塩を含む無色透明のお湯です。発汗作用、保温効果も高いため、身体を芯から温めて冷え性の改善に導きます。

硫黄泉:温泉特有の匂いを強く感じる硫黄泉。殺菌する力が強く、皮膚への浸透効果が高いので、皮膚病に効果的といわれています。

硫酸塩泉:硫酸塩泉(りゅうさんえんせん)とひとことでいっても、含有成分により石膏泉(せっこうせん)、芒硝泉(ぼうしょうせん)、正苦味泉(せいくみせん)の3つに分類することができます。

石膏泉はカルシウムの鎮静効果が高く、別名”傷の湯”と呼ばれるほど、切り傷・火傷・ニキビなどにも効果があります。

無味無臭である石膏泉は、ナトリウムを多く含むため血圧を下げたり、痛みを和らげる効果が期待できます。

正苦味泉はマグネシウムを多く含みます。こちらも無味無臭ですが、特に動脈硬化の予防に繋がることが明らかになっているようです。


別府八湯のなかでもイチ押し!『明礬温泉』

別府八湯のなかでもイチ押し!『明礬温泉』

別府市街地から離れた山の中にある温泉地である明礬温泉は、少々時間をかけてでも行くべき!と別府出身者がオススメする場所です。温泉特有の香りと白濁のお湯を楽しむことができます。

また、温泉街のあらゆるところで目にするわらぶき屋根の小屋の中では、温泉成分の結晶である“湯の花”を作っています。湯の花は近くのお土産屋さんなどで購入することもできるんです。また、小屋内を見学することも可能です。

明礬温泉は温泉の成分が濃いので刺激が強い傾向にあります。温泉そのものを楽しみたいかもしれませんが、肌の弱い方や温泉に入り慣れていない方は入浴後にシャワーでよく洗い流すなど、入浴の仕方に注意しましょう。


別府八湯の紹介&それぞれの泉質の特徴についてお伝えしました。日本一の温泉地別府で心ゆくまで温泉に浸かりにきませんか?

当ホテルからもゆっくり入れる温泉に行けますので、ぜひ足をお運びください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ



New



Instagram