可愛い!モフモフ♪キツネ博士になって触れ合おう

Active Resorts 宮城蔵王

新緑や紅葉が美しい山々、季節ごとに様々なコントラストでその景色を楽しむことのできる滝、冬の山にたたずむ樹氷など、大自然の様々なビジョンと共に時間を過ごすことのできる蔵王。

今回は Active Resorts 宮城蔵王より、大人気スポット「宮城蔵王キツネ村」についてご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年ブームの、宮城蔵王キツネ村って?

近年ブームの、宮城蔵王キツネ村って?

宮城蔵王キツネ村は、大自然の中でたくさんのキツネ達と触れ合うことのできる今話題のスポットです。

園内で暮らしているのはおなじみのキタキツネから、珍しい種類である銀ギツネ、ホッキョクギツネ(青と白)、プラチナギツネ、十字ギツネなどの6種類。その数実に100頭以上!大勢のふかふかのキツネ達が私たちを出迎えてくれます♪

歩くと後ろをトコトコついて来たり、衣服をグイグイ引っ張ったり、キツネたちは個性がたっぷり。今まで知らなかったキツネの生体を、肌で感じることができますよ。

キツネ達の他にも、園内には好奇心旺盛な可愛い仔ヤギやどこかお茶目なポニー達、手の中にすっぽりと収まるふかふかの仔ウサギが暮らしています。


犬と猫の可愛いところ取り!キツネの生態

犬と猫の可愛いところ取り!キツネの生態

キツネは、世界各地に生息しているイヌ科の動物。日本では本土、北海道、四国、九州でよく見られます。大きな耳に、ふかふかのしっぽと毛皮、華奢な足が特徴的です。夜行性で用心深く、非常に賢い動物といわれています。

基本的には雑食ですが、生肉を好んで食べるとのこと。イヌ科に属していながらも、その気まぐれな性格や優れた暗視能力、木や屋根によじ登って眠ったり音もなく獲物に忍び寄ったりする様子などから、猫にも似ているとの声もあります。

国内外の民話などにもよく登場することから、昔から人々の身近な動物だったことがうかがえますね。

近年宮城蔵王キツネ村が話題になったことで、キツネファンも着々と増加しているとのことです。


楽しい時間を過ごすための注意点

楽しい時間を過ごすための注意点

キツネは動くものに興味を持つ生き物。黒のタイツ、ヒラヒラとしたスカートやコートの後ろのヒモなどの「揺れて見えるもの」を身につけている際は注意が必要です。

また、スリッパやサンダル、ハイヒールでなどの履物は転倒の恐れがあります。可愛いキツネ達と心置きなく触れ合うには、服装は動きやすいものを選び、スニーカーなどのヒールの無い履物が理想的。

宮城蔵王キツネ村ではキツネ達が放し飼いにされています。お子様と一緒に来園する際は、お子様から目を離さないように気をつけましょう。

好奇心旺盛なキツネ達は、お子様を驚かせてしまう可能性も0ではありません。これらの点をよく確認して、キツネ達と楽しい時間を過ごしてくださいね。


キツネとのふれあいポイント!

キツネとのふれあいポイント!

宮城蔵王キツネ村で放し飼いされているキツネ達は、基本的には撫でたり触ったりすることができませんが、高校生以上の方を対象にキツネの抱っこ体験が行われています。腕の中で感じるキツネの毛皮の柔らかさや息遣い、温かさや優しい重み。思い出になること間違いナシですね♪

元々臆病な動物ですので、そっと優しく抱っこしてあげましょう。キツネ達の食事の関係上、受付は13:30までとなっていますので、抱っこ体験を希望する際は時間を見ながら来園することをオススメします。

また、園内にはエサやり場が設けられています。地面より高く作られた屋根付きのスペースからエサを落とす仕組みです。こちらを見上げてエサをオネダリするキツネ達の姿に、ハートが射抜かれます♪


園内に暮らす6種のキツネの見分け方

園内に暮らす6種のキツネの見分け方

キタキツネは黒い耳と足、白いお腹としっぽの先、茶色の胴体という「ザ・キツネ」という見た目です!ギンギツネはワイルドな黒ベースで、いぶし銀のような毛皮が特徴。ホッキョクキツネの白は、まるでぬいぐるみのように真っ白です♪

ホッキョクギツネの青は、足と鼻が短く耳が丸いのが特徴の、毛皮がグレーのキツネです。プラチナキツネは白に近いグレーの毛皮を持っています。ところどころ白い部分があるのも見分け方のコツ。

十字キツネはキタキツネに色が似ていますが、しっぽと足、顔に黒い部分があるのが特徴です。模様や顔つきなど個性豊かなキツネ達と近い距離で会うことのできるのは、日本で宮城蔵王キツネ村だけ!ここでしかできない体験も盛りだくさんです!キツネ達と楽しい思い出を作りましょう♪


住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3

アクセス:Active Resorts 宮城蔵王から宮城蔵王キツネ村まで、お車で約25分
公式サイト:宮城蔵王キツネ村


宮城蔵王キツネ村で、日々のほほんと暮らすキツネ達。そんなキツネ達を見ていると、私たち人間も都会の喧騒を離れ、大自然に囲まれてのんびりとした時間を過ごすのも大切だと教えられる気がします。

蔵王はそんなひとときを過ごせるスポット。日々の疲れを癒しに、自分へのご褒美に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram