癒し効果抜群!疲れが全快する温泉の入浴法とは

Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE

忙しい日々を過ごす私たちに、心身の不調はつきものです。そしてご存知かもしれませんが、温泉には体の不調や疲れを改善させる作用があると言われています。頑張った自分へのご褒美に、温泉で疲れを癒す方も少なくないでしょう。

しかし、ただ入浴するだけではもったいない!これからご紹介する入浴法をチョイスし、温泉効果を最大限に高めてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは泉質選びから

まずは泉質選びから

温泉の泉質は全部で10種類。アルカリ性単純温泉や塩化物泉、硫黄温泉など、泉質によってその効能も異なります。そう、温泉で究極の癒しを得たいなら、まず自身の「疲れ」に合った泉質を選ぶことが先決なのです。

例えばお肌が疲れていると感じるのであれば、アルカリ性単純温泉がぴったり。その肌触りは柔らかく、入浴後はツルツルの美肌を実感することができます。また、冷え症や胃腸の疲れには二酸化炭素泉、痛風や関節リウマチを改善させたい場合は放射能泉が最適です。

あなたの体には、どんな「疲れ」が潜んでいるのでしょうか?心身の声に耳を傾け、どこが痛いのか、苦しいのかをじっくりと問いかけてみてください。

景観にも目を向けて

景観にも目を向けて

温泉効果を高めたいなら、私たちに備わる「五感」に目を向けることも大切です。五感とは目や耳、下や鼻、皮膚などの5つの感覚を指します。

露天風呂で庭園を眺めることに癒しを感じることもあれば、海のさざ波、檜の香りにホッとする場合もあるでしょう。見たい景色、聞きたい音、好きな香り。ぜひ、これらの感覚を楽しめる温泉をピックアップしてみてください。

もちろん、全ての感覚に合った温泉を探す必要はありません。ひとつだけでも良いので、自身の五感が好む温泉を選び、心身への癒し効果をアップさせましょう。

それぞれの疲れに合った温泉に浸かり、五感で自然の癒しを楽しむ・・・これ以上の贅沢など、そうそう見つけられるものではありません。温泉は、選び方ひとつでパワースポットに変化するのです。

入浴前は水分補給・かけ湯を

入浴前は水分補給・かけ湯を

温泉好きの方は1日に何度も入浴したり、長時間お湯に浸かる方も多いことでしょう。しかし、これらの入浴法は却って逆効果になることも。のぼせに繋がり、疲労を呼び込む原因にもなります。

温泉の正しい入浴法は、コップ1杯のお水を飲むことから。入浴時は私たちが思う以上に汗を搔きます。脱水症状を避けるためにも、前もって水分を補給することが大切です。

また湯船に浸かる前は、かけ湯で体の汚れを落とすことをお忘れなく。かけ湯は入浴時のマナーとも言えますが、温度変化による血圧の上昇を抑えるためにも必要です。つま先から体全体、手の先から肩へゆっくりとお湯をかけましょう。また入浴する際は、下半身から少しずつお湯に浸かることで、湯上りの立ち眩みを防ぐことができます。

敏感肌の方は泉質の相性をチェック

敏感肌の方は泉質の相性をチェック

美肌になりたいと温泉に入浴しても、泉質がお肌に合わない場合があります。特に敏感肌の方は合わない泉質が刺激となり、肌荒れに繋がってしまうことも。せっかくの温泉効果を台無しにさせたくないなら、自身の肌質に合った泉質を選ぶことが大切です。

ちなみに敏感肌でも入浴できる泉質は、硫黄泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉の3つ。とは言っても全ての敏感肌に合うわけではないので、泉質と肌の相性を確かめながら入浴してください。そして少しでもピリピリしたり、肌に合わないと感じたらすぐに入浴をやめて、シャワーで温泉の成分を洗い流しましょう。

また湯上りの際、特に気をつけて頂きたいのが乾燥による肌荒れ。入浴後は、敏感肌用の化粧水やクリームなどで保湿ケアを心がけてください。

入浴は1日3回まで

入浴は1日3回まで

前述したように、頻繁な入浴・長時間の入浴は湯疲れを引き起こす原因になります。そして湯疲れには前兆があり、汗となって現れることが多いと言われています。

上質な泉質で汗を流すことが温泉の醍醐味、そう思う方も多いことでしょう。しかし、汗ばんだ体は想像以上に疲労を感じており、体力も消耗しています。体に負担をかけたくないなら、入浴の回数は1日3回までを限度にしましょう。

そして額にうっすらと汗が浮かんだ時点で、入浴を中止するよう心がけてください。また入浴後、温泉の成分は皮膚に吸収されており、その効能は3時間ほど持続します。

美肌効果を狙う方はシャワーで洗い流さず、タオル拭きのみが理想と言えるでしょう。ただ、酸性泉・硫黄泉などの泉質は肌への刺激となり逆効果なので、しっかりと洗い流すことをおすすめします。


日本国内には、素晴らしい景色や泉質を兼ね備えた温泉がたくさん!そして、紀州みなべ千里浜温泉として名高い当ホテルも負けてはいません。

塩化物泉の泉質を施しており、その効能はなんと15以上!広々とした大浴場はもちろん、雄大な太平洋を一望できる露天風呂・足湯などを設けています。

温泉選びにお困りの際は、ぜひHotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE へお立ち寄りくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram