海だけじゃない!歴史に触れながら沖縄を丸ごと楽しめるスポット4選

Royal Hotel 沖縄残波岬

日本の旅行地のなかでも高い人気を誇る沖縄。有名な観光スポットはたくさんありますが、今回は“読谷村エリア”に注目してオススメスポットをしぼってみました。

沖縄に訪れた際には行っていただきたいスポットを厳選したので、参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

約400年続く伝統工芸品の産地『やちむんの里』

やちむんの里

沖縄の焼き物として有名なやちむん。ここ、やちむんの里では、やちむんを制作している工房やギャラリーの見学を行うことができます。

沖縄の伝統が受け継がれている焼き物は全て一点もの。ひとつひとつにそれぞれの顔があるので、見ているだけでとても不思議な気持ちに。施設内にはやちむんが販売している売店もあるので、ご自身や大切な人へのお土産に購入するのも良いでしょう。

また、年に数回開催される“やちむん市”では、通常よりもお得にやちむんを購入することができます。ご旅行の日程が決まっている場合は事前に沖縄観光情報WEBサイトにてスケジュールを確認してみましょう。


住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1

アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬からやちむんの里まで、お車で約15分
公式サイト:やちむんの里|沖縄県読谷村の総合情報サイト沖縄観光情報WEBサイト おきなわ物語


見ているだけで心癒される♪『残波ビーチ』

残波ビーチ

読谷村の観光スポットとして有名な残波岬の西側に広がる残波ビーチ。白い砂浜と青く澄んだ海は見ているだけで心が落ち着きます。当ホテルからも徒歩5分で行けるので、小さいお子様がいる方でも移動が楽なので安心です。

夏季期間は、マリンジェット・ダイビング・フライボート・パラセーリングなど豊富なマリンアクティビティを楽しむことができますよ☆

また、沖縄で大変有名なマリンスポットである“青の洞窟”の見学や、ジンベイザメを間近で見られるツアーなど、貴重な体験ができるのも嬉しいポイントです。

※残波ビーチの遊泳期間は4月1日~10月31日までとなっています。


住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座1933

アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬から残波ビーチまで、徒歩で約5分
公式サイト:残波ビーチ(村営)|沖縄県読谷村の総合情報サイト


約600年の歴史を誇る読谷山花織を間近で見よう!『読谷山花織事業協同組合』

読谷山花織事業協同組合

画像提供:読谷村観光協会

紋織物の一種である「読谷山花織(ゆんたんざはなうい)」は、細やかで可憐な花模様を色糸で浮かせて作られた織物です。

読谷山花織事業協同組合では、読谷山花織を使用したテーブルセンター、ネクタイ、小銭入れ、名刺ケースなども販売しています。実際に手にとりながら、気に入った商品を購入できますよ★

沖縄の歴史が詰まった伝統的な織物は、見ているだけで心に癒しを与えます。施設内では、グーシ花織コースター作りも実施していますので、この機会に沖縄の歴史に触れながら、読谷山花織の世界を体験してみましょう。


住所:沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2974-2

アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬から読谷山花織事業協同組合まで、お車で約11分
公式サイト:読谷山花織事業協同組合


サトウキビから黒糖に変わるまでを見学できる★『沖縄黒糖』

沖縄黒糖

画像提供:読谷村観光協会

甘くてほろ苦い沖縄の黒糖が食べられる施設を紹介します!読谷村エリア内にある「沖縄黒糖」では、サトウキビを絞る工程から黒糖が出来上がるまでの流れを無料で見学することができます☆

また、施設内にある売店では種類が豊富な沖縄黒糖を試食しながら選ぶことが可能!食べて見て楽しめるスポットになっているので、友達同士や家族連れの方にもオススメしたい場所のひとつです。

沖縄ならではのおいしいお土産を買って帰りたい!と思う場合は、沖縄黒糖へ足を運んでみてくださいね。


住所:沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2822番地の3

アクセス:Royal Hotel 沖縄残波岬から沖縄黒糖まで、お車で約5分
公式サイト:沖縄黒糖 公式サイト


沖縄といえば美しい海を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、アクティビティ以外にも楽しめる方法はたくさんあるんです♪

今回は読谷村エリアを中心に行っていただきたい観光スポットを4つ紹介しました。どの場所も当ホテルから好アクセスなので、沖縄に来た際は利用していただければと思います。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ




New



Instagram