霧島連山の魅力を堪能する前の心得!安全に登山を楽しむには?

霧島ロイヤルホテル

小説家の深田久弥の著した「日本百名山」の1つ、霧島連山は、その雄大さと神秘さで訪れる人を魅了し、毎年多くの登山客でにぎわいをみせています。

今回は、霧島連山の登山を計画している方向けに、登山を安全に楽しむための心得をご紹介します。登山をする前に入念なチェックをしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

出かける前に、入念なチェックを! 霧島連山の登山の持ち物

出かける前に、入念なチェックを! 霧島連山の登山の持ち物

早速、登山をするために必要な持ち物を確認していきましょう。まずは登山パックの用意が必要です。荷物を全て入れられるうえ、自分に合うサイズかどうかに着目してパックを選ぶようにしましょう。また、雨天時用にパックカバーを用意するのも忘れずに!

水分補給用の水筒は、自分が飲むのに必要な量の飲み物を入れて持っていきましょう。水やお茶、スポーツドリンクなどで、1~2Lが目安です。

また、歩行中のバランスをとるためのストックやごみ袋、万一の場合のための保険証(コピー)、地図やコンパス、救急袋などを持っていくようにしてください。

軽装は禁物!霧島連山の登山の服装

軽装は禁物!霧島連山の登山の服装

登山の服装は、熱や汗の体内からの放出と雨や風・冷気など、外の環境からの防御ができることが大切です。まず基本となるアンダーウェアは、汗が速乾できて「夏物は涼しく、冬物は温かいもの」を選んでください。

次に中間着は、汗をすばやく外に出すことができて、保温性のあるものを着用しましょう。一番外に着るアウターは、風を遮ることができて、防水性と撥水効果のあるものがベストです。この3つを基本にして、重ね着するようにしてくださいね。

また、山の上は季節関わらず、朝晩の冷え込みが厳しいものです。防寒着を忘れないようにしてください。ダウンジャケットや厚手のフリースなどの、保温性の高いものがベスト。山の上は晴れていても、寒くなることがあるので、こういった防寒着を持参するようにしましょう。

慎重な試し履きが大切! 霧島連山の登山靴の選び方

慎重な試し履きが大切! 霧島連山の登山靴の選び方

登山靴を選ぶ際に最も重要なのは、自分の足にぴったりと合っているかどうかという点です。霧島連山の長時間の登山は、荷物を背負うこともあり、足に重量がかかります。そのため、靴ずれや爪の損傷などが起きてしまうことも。靴選びをする段階で少しでも足に違和感を覚えたら、その登山靴は選ばないようにしましょう。

できれば複数のお店を回り、色々な登山靴を試し履きして選ぶのがベターです。また、登山靴は履き慣れたものを用意してください。新しく購入する場合は、事前に登山靴を履き慣らしてから登山にのぞむようにしましょう。

登山靴は、「底はゴムが厚くて、防水性のあるタイプ」を選んでくださいね♪登山靴選びは妥協せず、慎重に行いましょう。

登山したいけど自信がない…そんな方にオススメな霧島連山のトレッキング

登山したいけど自信がない…そんな方にオススメな霧島連山のトレッキング

霧島連山は、年中を通して様々な表情を変える多彩なトレッキングルートが豊富です。初心者が気楽に楽しめるトレッキングコースから、本格的な縦走コースまで、老若男女問わず楽しめるコースが満載ですよ♪

霧島連山でオススメなのが「高千穂コース」。山頂の絶景と有名な「天の逆鉾(さかほこ)」を目指せる人気のコースです。歩きながらたくさんの動植物に出会えることができるのも魅力のひとつ。

また、坂本龍馬が妻お龍と手をつないで進んだ「馬の背」と呼ばれる、その幅3m程の御鉢火口縁があります。自然と歴史の両方を感じることができるトレッキングコースのため、多くの男女が訪れるようです。

「自分の身は自分で守る!」を忘れずに! 霧島連山の登山の規制

「自分の身は自分で守る!」を忘れずに! 霧島連山の登山の規制

全ての準備が整い、霧島連山の登山をする段階になっても、忘れないようにしたいのが、「登山の規制情報」です。霧島連山は、「活火山ランクB」に指定されていて、噴火を繰り返しています。2012年7月15日から、大浪池、韓国岳、高千穂峰への登山ができるようになりました。

ただし、韓国岳については一般的な登山道である、硫黄山経由の登山道は規制中で、大浪池経由のみ登山可能となっているので、注意してください。硫黄山、新燃岳(しんもえだけ)、中岳、獅子戸岳(ししこだけ)への登山(入山)については、引き続き禁止となっているので厳守してください。

霧島連山の登山をする際には、「いざという時自分の身は自分で守る」ことを念頭に入れて、常に登山(入山)の規制状況をチェックするようにしましょう。


住所:鹿児島県霧島市霧島田口2583-12

アクセス:霧島ロイヤルホテルから霧島連山まで、お車で約14分
公式サイト: 鹿児島県霧島市公式ホームページ


霧島連山の登山を楽しむための心得をご紹介しましたが、山の天候や気温は変わりやすいので、万全な準備を心がけましょう!また、入山してからも、規制情報をチェックしながら、霧島連山の登山をお楽しみくださいね。

また、霧島連山に行く際はアクセスもよい当ホテルをご利用ください。霧島連山以外にも素敵な観光スポットをご案内させていただきます。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

トップに戻る

この記事もおすすめ



New



Instagram