森と人とニホンミツバチと・・・ ”柳生の森”八ヶ岳倶楽部を訪ねて

大泉高原八ヶ岳ロイヤルホテルは、八ヶ岳や南アルプスの山々を望む高原のリゾートホテルです。

八ヶ岳ロイヤルホテルへご宿泊の多くの皆様が向かわれるのがここ八ヶ岳倶楽部です。

柳生博さん一家によって1989年にオープンした八ヶ岳倶楽部。周囲を美しい雑木林に囲まれ、施設内にはギャラリーやレストランを併設されています。現在は柳生博さんの息子さんである柳生宗助さんが代表取締役を務められており、施設内は活気にあふれています。

今回のダイワリゾートマガジンはそんな八ヶ岳倶楽部に密着しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご予約はこちら

春に顔を出す薄紫

八ヶ岳倶楽部へ訪問したのは4月の下旬ごろ。雑木林には薄紫のカタクリの花が顔を出していました。

まだ、茶色の多い4月下旬の雑木林に可愛らしい咲くカタクリをじっと眺めてしまいました。

美しい雑木林ができるまで

施設内には八ヶ岳へ移り住まれた頃からの柳生さん一家の写真が飾られていました。

八ヶ岳倶楽部のある場所は、当時は荒れ果てた雑木林だったそうです。そんな土地に手を加え、現在の美しい雑木林があります。写真を見ているとそんな雑木林と家族の歴史を感じます。現在では雑木林の手入れとともにニホンミツバチを倶楽部へ戻す活動もされているそうです。

"て"のあたたかさに溢れるギャラリー

ギャラリースペースでは可愛い小物から大きな家具まで「てづくり」の作品が展示・販売されていました。

木材やガラス、鉄など素材はさまざま。どの作品からも手作りのぬくもりを感じます。

八ヶ岳倶楽部オリジナルの日めくりカレンダー。柳生真吾さんが撮られた八ヶ岳の花々や景色とともに素敵な言葉が添えられています。

ギャラリーの外では様々な植物が販売されていました。旅行から持ち帰って育てれば八ヶ岳のことを思い出せそう。

初夏の八ヶ岳倶楽部

初夏の八ヶ岳倶楽部は雑木林の美しさが一段と増し、緑が眩しいほど。今回の訪問は4月下旬でしたが、夏時期にも是非伺いたいです。

今回ご紹介できたのは八ヶ岳倶楽部のほんの一部。倶楽部にはレストランや中庭など一日かけて楽しみたい施設が沢山ありました。

人も、草木も、ニホンミツバチも集まる場所、"八ヶ岳倶楽部"へあなたも出かけてみませんか?

八ヶ岳倶楽部 住所:〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240-2594
公式ウェブサイトはコチラから
ご予約はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る

この記事もおすすめ