”恋”のキューピットは伝説の”鯉”!? 五色沼湖沼群、「毘沙門沼」を探る!!

裏磐梯ロイヤルホテルから徒歩約5分程の距離にある「毘沙門沼」。五色沼湖沼群に含まれるこの沼は、人気の観光スポットです。この毘沙門沼、とある伝説が言い伝えられています・・・・!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご予約はこちら

裏磐梯ロイヤルホテルからほど近い毘沙門沼。よく晴れた朝には、毘沙門沼の気持ちの良い空気を吸いにお散歩に出かける方を見かけます。沼からは望む磐梯山は裏磐梯を代表する景観の一つとして知られます。広い沼でボードを漕いでいると自然と一体になったような気分に。

観光シーズンには多くの人でにぎわうこの毘沙門沼ですが、実はある伝説が言い伝えられています。

幸せを招く鯉~ハート鯉~

「 五色沼湖沼群で最も大きい毘沙門沼。この沼を回遊している伝説の鯉"ハート鯉"に巡り合うと幸せになれる。そして、若い二人は結ばれる。 」

そんな伝説があるそうです。恋を成就させてくれる白い鯉、一度は見てみたいですね!

ちなみに、この日は鯉に会うことが・・・・出来ませんでした。

赤いアイラインにお腹のハート

運よく見ることのできたホテルスタッフに撮影した写真を拝借。

大きな白い体に、目の上の赤とお腹のハートが映えます。可愛らしい姿に、写真だけでも幸せになれそうな気分!

五色沼湖沼群ご紹介

毘沙門沼の伝説についてご紹介させていただきましたが、毘沙門沼を含む「五色沼湖沼群」には、この他にも魅力的な沼があります。それぞれ実にさまざまな色を見せ、見る人を楽しませます。ここからは、五色沼で代表的な沼をご紹介いたします。

福島県裏磐梯観光協会-五色沼湖沼群のWEBサイトはコチラから

赤沼

赤沼の周囲の草木は赤い鉄錆色に染まります。赤沼という名の由来はここからきています。

青沼

青沼は小さいながら、五色沼湖沼群の中でも最も青白色に光っています。

弁天沼

五色沼の中で2番目に大きい弁天沼。遠く吾妻の山並みを望むことができ、明るく広々としています。

深泥沼

3つの色の水を持つ美しいみどろ(深泥)沼。この色の違いは微妙な水質や水深の違い、水草の繁茂の違いから生まれてくるものと言われています。

瑠璃沼

見る場所により水の色が変わる瑠璃沼。その様子は神秘的です。

柳沼

裏磐梯物産館近くにある柳沼。紅葉の季節にはカエデやウルシで美しく染まります。

ご紹介いたしました五色沼湖沼群は磐梯朝日国立公園に指定されています。この他にも大小数十の沼が点在します。沼の色や景色を眺めながら散策されてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップに戻る

この記事もおすすめ